最近は文字を使う習慣について環境が変わってきました。具体的に言うと、オフィシャルな書面が求められる際には筆耕のニーズがありました。結婚式の招待状、展示会やレセプションの案内状、感謝状などです。しかし最近はパソコンの使用がビジネスの世界では当たり前になってきて個人でも日常的に使うことが普通です。従ってプリンターも業務に留まらず、個人的な用途が当たり前になってきているで、自分自身で結婚式招待状などの印刷もできるようになっています。また、インターネットの普及や携帯電話・スマートフォンといった情報端末の活用の高まりも個人的での印刷に拍車をかけていると思われます。しかし、本当に筆耕のニーズが低くなったのかと言えば決してそうではないのです。どうしても実際に手書きで書かれた文章の必要性は残っているものです。結婚式の案内状については昔からある手書き文字の格調の高さが、その価値を高めてくれます。これは展示会等の案内状や感謝状でも同様です。このような文章や書面を見た人々の印象や記憶のされ方も全く違ってくるのです。やはり、いつの時代になっても筆耕による文章は相手の心に響きやすいのです。そのような意味で筆耕の必要性は現代でも重要な仕事と言えるのです。